トップ > 初心者の方へ

初心者の方へ

あなたにベストなウクレレ選び

「ウクレレを始めたいけど、種類が多すぎてよくわからない!」と、お客様からよくお問い合わせを頂きます。
1本目のウクレレ選びはとても重要です。おもちゃのようなウクレレは音程が取れず、チューニングもできないので楽器としてはNG!

ウクレレ選びの基本となるポイントと、種類についてご紹介いたします!

.Εレレの名称とチェックポイント
▲汽ぅ坐び
ペグの種類
っ曳弔塙臠
ズ爐琉磴
ΕΕレレ以外に必要なアイテム
Г茲あるご質問

.Εレレの各名称と基本のチェックポイント

小さく手軽な楽器だからこそ「弾きやすさ」はとても重要。
ウクレレの各パーツの名称と、ウクレレ選びの際の”前提”となるポイントを必ずチェックしましょう!

初心者イメージ1

1:ペグ
弦を巻き取る器具のことで、糸巻きなどとも言います。 チューニングの際は、このペグを回すことで音程を合わせることができ、緩めると音程が低くなり、巻くと音程が高くなります。
ペグの作りが悪いと、チューニングが合わなかったり、すぐに狂ってしまったりするので、購入時には気をつけましょう!
種類についてはをご確認ください。

2:ナット
弦を支えるパーツで、弦の太さ(ゲージ)や弦高(※)によって調整が必要な個所となり、弾きやすさに影響します。

3:ネック
弦を押さえ、音程を変える部分となりますので重さやグリップの形状を実際に触り、握りやすいかどうかをチェックしてください。
ボディに対して極端に反っている、曲がっているものはNGです!

4:指板(しばん)
フレットが打ち込まれている部分のことで、フィンガーボードとも言います。

5:フレット
音程を決めるために、指板上に打ち込まれている金属の棒のことを指します。指板からフレットが浮いていないかどうか、指板に対して真っすぐフレットが打たれているか、フレッドが指板側面から飛び出していないか、を要チェック!フレットの処理が雑なものは弾きづらさを感じてしまいます。指を滑らせてみて、違和感を感じないものを選びましょう。

6:ポジションマーク
フレット数(ポジション)を伝える目印。

7:弦
右利きの方の場合、左手にネック、右手にボディという持ち方をした際に、顔側から4弦、3弦、2弦、1弦と呼びます。
弦の種類についてはQ&Aをご参照ください。

8:ボディ
ひょうたん型、パイナップル型、カッタウェイなどの形の違いや、使用している材、構造によって音色が大きく変わります。
構造については、材の違いについてはをご参照ください。

9:サウンドホール
この部分から音が響きます。

10:サドル(白いパーツなど)&ブリッジ
弦の響きをボディに伝えるパーツで、ナットと同様に弦の太さや弦高によって調整が必要になります。(※)

※弦高
12Fあたりの弦の高さを軸に、3ミリを超えるものは「弦高が高い」と言われています。高い場合は強くストロークでき、音量も増しますが、弦を押さえる際に力が必要となり、指が痛くなる場合があります。逆に低すぎると、弦を押さえる力が減りますが、音量も減り、ビレ音が出やすくなります。ウクレレは個体差のある楽器なので、弊社では必ず検品の際に1本ずつチェックを行い、ナット、サドル等の調整をします。

上へ戻る

▲汽ぅ

基本項目をクリアしたら、次はサイズ決め。大切なのはホールド感です。体にマッチすれば安定感が増し、快適に演奏することができます。体格・腕の長さ・指や手の大きさ、長さ・ギター経験の有無などがホールド感及び弾きやすさに影響します。
ボディのサイズやネックの長さ、スケール幅(フレット間隔は狭くないか、広くないか)などをぜひ体感し、ご自身の腕の中にすっぽり納まり、弾きやすさを感じる(弦を押さえやすい、ストロークしやすい、腕を動かしやすい)サイズをお選びください。

初心者イメージ2

.戰ぅ咫璽汽ぅ
通常のソプラノサイズより、ボディもネックも小さいサイズ。持ち運び用や小さなお子様におすすめです。
▲戰ぅ咫璽汽ぅ此淵愁廛薀離好院璽襦
ソプラノサイズより小さめのボディに、ソプラノスケールのネックがジョイントしたサイズ。女性やお子様はもちろん、持ち運びにも便利なサイズです。
ソプラノサイズ
ウクレレの中で基準となるサイズ。小ぶりなボディで軽く、コロコロとした可愛い音色を奏でることができます。
ぅ愁廛薀離汽ぅ此14fジョイント)
通常のソプラノサイズより2フレット長いネックジョイントで、手や指が小さな女性のソロ演奏にオススメのサイズ。
ゥ愁廛薀離蹈鵐哀優奪サイズ
ソプラノのボディにコンサートスケールのネックがジョイントしたタイプ。ソプラノのホールド感や響きはそのままに、演奏性がアップ!指の長い方やギター経験者におすすめのサイズ。
Ε灰鵐機璽肇汽ぅ
ボディが大きくなりホールド感が大きく変わり、音に深みが出ます。演奏性も高いため、弾きやすさを感じる方は1本目からコンサートサイズでもOK!
Д灰鵐機璽肇蹈鵐哀優奪サイズ
コンサートサイズのボディに、テナースケールのネックがジョイントしたタイプ。コンサートサイズよりもピッチ(音程)の精度が増すため、ハイコード演奏やソロ弾きで使える音域も広がります。
┘謄福璽汽ぅ
ボディがコンサートサイズよりも大きくなり、弦長も長くなります。海外の男性には主流となっているサイズ感で、より正確な音程、より豊かな音色、高い演奏性を求める方におすすめです。

上へ戻る

ペグの種類

ウクレレはこまめなチューニングが必要な楽器なので、ペグの操作性(スムーズに回るかどうか)と、音程の安定性はとても重要です。
大きく3つのタイプがありますので、実際に違いを体感してみてください。

初心者イメージ3

通常ペグ(フリクションタイプ)

旧来からのウクレレのスタイリングを重視する方向け。巻き軸にボタンが直接ついていて、1:1の可動構造になっています。慣れるまではチューニングが少し難しく感じるかもしれません。また、気候や環境により、ボタンのネジが自然に緩んでしまうことがあります。
※ドライバー等で締めることもできますが、ネジを締めすぎるとペグが硬くなり、チューニングしにくくなる場合があります。

初心者イメージ3

ギアペグ

ウクレレでは一般的となったギアペグタイプ。ヘッドに対して横にペグが出ており、裏面にギアがついています。そのギアが噛むことにより、ボタンの稼働が1:14の割合で調整できるため、操作性が高く、フリクションタイプに比べると、弦の安定性も高まるので、初心者の方でもストレスなくチューニングできます。

初心者イメージ3

プラネタリーチューナー

フリクションタイプの見た目ながら、1:4のギア比を持つため、なめらかな操作感と安定したチューニングができます。従来のウクレレのスタイリング(ヘッド裏にペグがついており、ギアが見えない)、かつ操作性、安定性も高いタイプです。

初心者イメージ3

上へ戻る

す臠弔斑曳帖1枚板)

"ウクレレのボディ(ひょうたん部分)は、トップ(サウンドホールがある側)・サイド・バック(演奏者に接する面)に分かれ、それぞれの木材を組み合わせて作られています。
単板と合板の大きな違いは、1枚板であるか複数の板を重ねているかという点です。この板の構造によってウクレレのグレードが変わってきます。

初心者イメージ3

単板(1枚板)

一枚の板を重ね合わせることなく使用したものを指します。弦の振動が伝わりやすく、合板と比べるとボディの響き(音色やボリューム)とサスティーン(音の伸び)に違いがあります。弾けば弾くほど振動性が高まり、季節による感想や湿度に順応していくことで、音が育っていく感覚を味わうことがきます。その反面、割れなどが起こりやすいので保管等には注意が必要です。良いものを長く使っていきたいとお考えの方は、1本目から単板でももちろんOKです。
弊社のブランドだと、F UkuleleKIWAYALUNAK ukuleleなどが単板となっております。

※オール単板(トップ、サイド、バックすべて単板)やトップのみ単板など、単板の中でも種類があります。

初心者イメージ3

合板

複数枚の薄い板を組み合わせており、単板と比べると木材の強度が高まっているため、耐久性に優れています。また、単板に比べるとお手頃価格が多いのも特徴です。一方、互い違いに貼り合わせていることもあり、ものによっては弦の振動が伝わりにくく、鳴りが損なわれてしまうものもあります。お求めやすい価格帯の合板ですが、そういった点は注意してお選びください。

※Famousはすべて合板ですが、強度と薄さにこだわった3層構造(トリプルレイヤード)を採用しています。その薄さは、なんと1.6mm! 接着には、自然素材のにわかを使っているため、単板に負けない鳴りと強度を兼ね備えており、国産ならではの品質となっております。Famousの商品はこちら

上へ戻る

ズ爐琉磴

「ハワイアンコア」や「マホガニー」が主流のウクレレですが、現在では様々な材を使用したモデルが登場しています。
トップ・サイド・バックで違う材を組み合わせているモデルも。また、構造として単板(1枚板)か合板かによっても音色が異なります。実際に音色を聞いて、お好みの1本をお選びください。

初心者イメージ2

マホガニー
中南米、アフリカ、東南アジア産。赤褐色で木肌は緻密、しばしばカーリーコアのような美しい杢目が現われます。甘く柔らかな音色でサスティーン(音の伸び)もよく、倍音効果も。高音域や音抜けの良さでも安定感のある材です。
マンゴー
淡黄色、薄茶色で、材質は柔らかく、ほとんどの部分に色むらなどがあり、使えるのは全体の1〜2%。カーリーが出るようなマンゴーは大変貴重です。コアやマホガニーより柔らかい音色で、丸い甘い音色で落ち着いた印象があります。
メイプル
北米産カエデ科広葉樹=ソフトメイプル、落葉広葉樹=ハードメイプルがあり、木質が似ている材をメイプルと総称。淡褐色、淡赤褐色で杢目も表情豊か。材質は緻密で狂いが少なく、非常に硬くて音の反響も大きいです。歯切れの良い音色が特徴で、エレキギターでは良く使用されます。
ハワイアンコア
ハワイでは数百年も前から「神が宿る樹」とされている貴重な材。材面は薄褐色から赤褐色で、金色の光沢があり、不規則な縞やフィドルバック杢(カーリー)が現れることも。硬くて響きが良く、カラッとした歯切れの良さと、コロコロとした温もりの音色が特徴。ウクレレならではの明るい豊かな音色で華やかなコード弾きに適しています。
スプルース
マツ科の針葉樹。白から淡い黄褐色のシトカスプルースは、柔らかいわりに強度があり、硬質なはっきりした音色。淡黄色、黄色のヨーロピアンスプルースは、最も硬く、粒立ちの良い音色。楽器では表板に使用され、サイド、バックにローズウッド材やハカランダ、メイプル、コアなど硬い材と組み合わせることが多く、バランスの良いサウンドが得られます。

上へ戻る

ΕΕレレ以外に必要なアイテム

初心者イメージ3

ケース

持ち運び用としてはもちろんのこと、ご自宅で保管する際にもケースは必要です。軽量でシンプルなタイプから、電車などで移動する際に安心なクッション性のあるソフトケース(ギグバッグやキャリングケースなど)、衝撃からウクレレを守ってくれるセミハード、ハードケース等、ご利用シーンに合せてお選びください。 ケースはこちら

初心者イメージ3

チューナー

アプリなどでのチューニングもできますが、周囲の音を拾うことなく、手軽に操作できるクリップタイプのウクレレ専用チューナーがおすすめです。
購入したてのウクレレは特に弦が安定していないのでこまめなチューニングが必要になります。ストレスなく操作できるものを選びましょう。 チューナーはこちら

初心者イメージ3

教則本

独学でウクレレを学びたい方には必須アイテム!CDやDVD付など様々な種類があります。 教則本はこちら

初心者イメージ3

ストラップ

ウクレレを演奏する際、ボディが下に下がらないように補助をしてくれる便利アイテム。エンドピン取付タイプとフックタイプがあります。
※詳しくはこちら ストラップはこちら

初心者イメージ3

クロス

ウクレレ本体についてしまった汚れを落としてくれる専用のクロスがあると便利です。長く愛用していただくためにも、日々のケアを大切に! メンテナンス用品はこちら

初心者イメージ3

初心者セット

ウクレレを始める際に、必要なアイテムをセットにした商品もございます。ウクレレ本体、ケース、チューナー、教則本がついており、セット内容としてはシンプルかつ実用的なものになっています。 初心者セットはこちら

上へ戻る

よくあるご質問

Q:色々説明を聞いたけど、結局何が良いかよくわからない
A:そういった方には、初心者向けのセットがおすすめ!
非常に低価格なものもありますが、楽器としての機能を考えると1万円以上のもの、かつ国産が安心です。
>初心者セットはこちら
Q:買ったばかりなのに、チューニングがすぐズレてしまう
A:新しいウクレレに張ってある弦は、安定するまでに2週間ほどかかります。それまではこまめにチューニングしてください。
Q:弦はどれくらいで交換したら良いですか
A:練習の頻度にもよりますが、半年〜1年での交換を推奨しています。弾いていない場合でも、1年以上経っているものは交換してください。古い弦を使い続けていると、音色にも影響してしまいます。
Q:弦にはどんな種類、違いがありますか?
A:ウクレレ弦には色々な素材、色、ゲージ(太さ)があります。ウクレレに比較的多いのはナイロン素材とフロロカーボン素材です。ナイロン素材の弦は指ざわりが優しく、柔らかな音色になります。(初めての方が弾きやすいよう、Famousシリーズ等にはナイロン素材の弦を標準弦に使用しています。)フロロカーボン素材の弦は比較的硬めで、張りが強くなる分、音のボリュームが出やすく、歯切れの良い音になります。弦は素材や色、ゲージによって奏でる音色や指ざわりが少しずつ変わりますので、お気に入りのウクレレを見つけたら、色々な弦を試してみるのも良いかもしれません。
>弦はこちら
Q:長く使うために気をつけることは?
A:ボディなどは、専用のクロスで小まめに拭いてあげてください。がんこな汚れなどは、専用のポリッシュがおすすめです。また、ウクレレは木の楽器なので、湿気/乾燥には弱いです。特に冬場の乾燥は大敵!暖房が直接当たる場所に置いておくなどは避けてください。気になる方は、湿度調整シートなどをケースと共に入れておくことをおすすめします!
>メンテナンス用品はこちら
Q:保管する際、弦は緩めた方が良いですか?
A:特に緩めておく必要はありませんが、長く保管している場合(半年以上)は、弦が劣化している可能性があるため、次に演奏する際は弦交換を行ってください。
Q:ストラップはつけた方が良いですか?
A:立って演奏することが多い場合や、抱える位置をキープしておきたいという方にはおすすめです。ストラップには、大きく2種類のタイプがあります。 「フックタイプ」の場合は、装着が簡単で、ウクレレ本体に加工が必要ないというメリットがありますが、あくまでも補助としての役割となり、手を離すと落ちてしまいます。一方、「エンドピンタイプ」と呼ばれるものは、ウクレレ本体に穴を開け、ピンを装着し、そこへストラップを取り付けます。ストラップ自体の取り外しは可能で、手を離しても本体が落ちることはほぼありませんが、ウクレレ本体に加工が必要になります。どちらが良いかは、お客様のウクレレや演奏スタイルに応じてお選びください。
>ストラップはこちら