トップ > コンサートロングネック

コンサートロングネック

サイズ選びは重要なポイントです。第一はホールド感。体にマッチすれば安定感が増し、ストレスを感じることなく演奏することができます。
ボディのサイズやネックの長さ、スケール幅(フレット間隔)などを考慮し、サイズをお選びください。

【コンサートロングネックサイズ】
コンサートのボディにテナースケールのネックがジョイントしたタイプです。弦長が長くなるため、ピッチ(音程)は他のサイズに比べてより精度が増します。ホールド感はコンサートサイズと同じですが、ネックが長くなる分、ハイコードやソロ演奏がしやすいので、コンサートサイズよりもさらに音作りを追及されたい方、テナーサイズのホールド感が合わないと感じている方にはおすすめです。

全7件